2008/6/15 日曜日

いやしと解放の聖会(ミラクル聖会)

Filed under: 行事 — office @ 0:46:55

日時:7月21日(祝) 13:30〜

特別ゲスト:テオデュロ・マランゲン師

【御霊の現象の意味】

私がかつて、ジョナサン・エドワーズやチャールズ・フィニー及びスミス・ウイグレッスウォースなどのリバイバリスト達の記事を読んだ時、私の奉仕の中にはとてもそのような事は起こらないだろうと思っていました。

バルカン市の私たちの教会の礼拝の時、私が神のご臨在についての説教をしていた時でした。献身の祈りをしいると、突然、人々が床に倒れてしまいました。悪霊も反応し始めました。私の周りで様々な現象が起こりました。それは、御霊の力強いご臨在によるものでした。

御霊のご臨在が現れると、体が震えたり、ジャンプしたり、床に倒れたり、また笑ったりするなどの現象が起こりますが、その中で癒しや解放もなされます。しかし、こうした現象は、神のお働きの実体ではなく、主がこの地上で何かをなさっている事実に、私たちの注意を集中させるために起こります。それはちょうど、私たちをさらに神に近付けて、求めさせようとする旗印のようなものです。 (T. マランゲン)

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.190 sec. Powered by WordPress ME